潜在意識とは何か?・三つ子の魂と還暦の関係・youtube動画付き/気づきの呼吸の定義・具体例①

気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する

前回の記事では、潜在意識の定義についてお話しました。
潜在意識とは、身体に刻まれた非言語情報であり、
「三つ子の魂」と「先祖の記憶(DNA情報)」のことです。

では、「三つ子の魂」とは何でしょう。
今日は、以下を切り口に、説明をしていきます。

  • 「三つ子の魂百まで」という諺
  • 1300年続く還暦を祝う習慣
  • 「70歳を過ぎると、幼少期のトラウマは影響力を失う」という心理学者の話

この記事をお読みいただければ、
日本の伝統文化を背景に、
潜在意識への理解が、より一層深まります。

 

 

三つ子の魂とは、何か?

 

 

「三つ子の魂」とは、「三つ子の魂百まで」という諺の中の文言です。

気づきの呼吸では、「三つ子」の時の経験(「魂」)が、
潜在意識に、非言語情報として刻み込まれていると考えます。
まずは、この諺の意味についてみていきましょう。

 

 

辞典による解説

 

故事ことわざ辞典によると、
「三つ子の魂百まで」は、こう解説されています。

意味:幼い頃の性格は、年をとっても変わらないということ。

注釈:「三つ子」とは、三才の子供のこと。転じて幼い子をいう。

注意:幼い頃に習ったり覚えたりしたことには用いない。

 

この解説を読み、興味深かったのは、
「幼い頃に習ったり覚えたりしたことには用いない」というところです。

つまり、習ったり覚えたりすること以外の「何か」があり、
それが、人生に影響力を持っていることを
この諺は、示唆しているのです。

 

 

「三つ子」とは、三才の子供?

 気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する

 

故事ことわざ辞典には、
「『三つ子』とは、三才の子供のこと」とあります。

しかし、気づきの呼吸では、「三つ子」をこう定義します。

受胎してから、2歳くらいまでの3年間のこと

 

日本では、かつて、年齢を数え年で数えていました。
数え年とは、「生まれた年を一歳として、
新年のたびに一歳を加えて数える年齢」のことです。

つまり、「三つ子」が年齢を表しているのだとすれば、
満年齢では、2歳ということになります。
2歳から逆算すると、3年前は、受胎の瞬間にまで遡ることができます。

日本には胎教という概念があります。
私は、この言葉に、顔を見たこともない
まだ男の子か、女の子かもわからない
産まれる前の我の子への慈しみを感じます。

親は、胎児であっても、
その存在を認めていたのです。

そして、何よりも、気づきの呼吸を実践すると、
胎児の記憶が、身体から浮上することがあるのです。

そのような経験も踏まえ、
気づきの呼吸では、「三つ子」とは、
受胎の瞬間から2歳くらいまでの3年間と考えるのです。

 

 

身体に刻まれている「三つ子の魂」

 

気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する

 

父親と母親の身体を構成していた細胞の一部が、
精子と卵子として、両親の身体から離れ、出会い、結合します。

記憶にないその瞬間から、
父親と母親の細胞を「素材」とする身体で、
あなたの人生が始まります。

そんな人生の最初の「3年間」が、「三つ子」の時期です。

この時期の特徴は、
言葉で外界を認知できないことです。

「三つ子」の経験は、
言語情報として記憶されていないので、
後から、思い出すことができません。
顕在意識上では、ないことになっているのです。

でも、あなたの身体は、その場にあったのです。
その時の感覚(非言語情報)のいくつかは、
身体に深く刻み込まれ、人生に影響を及ぼしているのです。

ですから、気づきの呼吸では、
潜在意識とは「三つ子の魂」であるとして、
そこに焦点を当て、変えていくのです。

 

 

三つ子の魂と還暦

「三つ子の魂百まで」とは、故事ことわざ辞典によると、
「幼い頃の性格は、年をとっても変わらない」とあります。

本当に、幼い頃の性格は、年をとっても変わらないのでしょうか?
ここでは、還暦という視点から、考察していきます。

 

 

還暦とは

 

気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する

干支が一巡して、元にかえることから、60歳を還暦といいます。

ネットで調べたところ、発祥は古代中国で、
日本では、奈良時代から還暦を祝っていたそうです。

還暦には、産まれ直しという意味もあり、
「赤ちゃんに戻る」ことの象徴として、
赤いちゃんちゃんこを着る慣習が産まれたのだそうです。

 

 

還暦は、単なる長寿のお祝いなのか?

 

気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する

かつては、「人生50年」と言われました。
ですから、60歳を長寿として祝うことに、違和感は覚えません。

しかし、還暦を祝う習慣が始まったのは奈良時代です。
その時代の平均寿命は、30歳だったそうです。

そんな時代に、なぜ、平均寿命の倍もある
60歳を祝う還暦の習慣が始まったのでしょう。

平均寿命は、時代と共に伸びますが、
明治時代になっても、44歳です。

乳幼児の死亡率が
平均寿命を押し下げていたとはいえ、
なぜ、私たち日本人は、1300年に渡り、
60歳を還暦とし、祝い続けてきたのでしょう。

しかも、還暦のお祝いは、
「産まれ直し」の意味もあるのです。
その象徴が、赤いちゃんちゃんこです。

還暦とは、本当に、
長寿を祝うためだけの習慣なのでしょうか。

 

70歳を過ぎると、幼少期のトラウマは影響力を失う

youtubeを検索していて、
海外の心理学者の動画を見つけました。

URLをチェックせず流してしまったため、
情報源を添付することができないのですが、
私が注目したのは、この言葉です。

70歳を過ぎると、幼少期のトラウマは影響力を失う。

 

この時、私の頭に浮かんだ言葉は「還暦」です。

 

 

還暦で三つ子の魂がリセットされる

 

気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する

私はこう思ったのです。

還暦とは、三つ子の魂がリセットされる時期だ。

 

還暦祝いは、単なる長寿のお祝いではないのです。

「三つ子の魂」という足枷から自由になり、
やっと本当の自分の人生が始まる慶事なのです。

「三つ子の魂」という初期値が解除され、
プログラミング通りに、生かされていた人生が終わるのです。
だから、産まれ直しなのです。本当の自分が産声を上げるのです。

ただ、初期値が解除されたからといって、
心と身体に刻み込まれ、60年かけて習慣化した
思考癖や行動パターンは、瞬時には変わりません。
自然の流れに任せておくと、10年という歳月が必要になるのです。

「70歳を過ぎると、幼少期のトラウマは影響力を失う」という
心理学者の言葉の真意は、そこにあるのではないでしょうか。

心理学者は、欧米人です。
「還暦」という概念も「三つ子の魂百まで」という諺も、知らないでしょう。

そんな日本の叡智を知っていれば、
この研究結果は、より深いものになったかもしれません。

 

 

百歳を待たずに、三つ子の魂を変える

 

気づきの呼吸

 

私の考察は、こうです。

  • 還暦祝いとは、三つ子の魂から自由になるお祝いである。
  • 本当の自分が産声を上げ、本当の自分の人生が始まる。
  • 自然の流れに任せておけば、幼少期のトラウマ(三つ子の魂)が影響力を失うのに、10年という時間が必要になる。

この考察に従えば、
平均寿命が伸びた今、三つ子の魂は、
一生、私たちを縛り付けるものではないことになります。

気づきの呼吸は、潜在意識を身体で変えるスキルです。
呼吸を活用し、三つ子の魂を変えていきます。

還暦を待たずに、前倒しで、「産まれ直し」をし、
本当の自分の人生を取り戻していきます。

 

 

 

まとめ

 

三つ子とは、受胎の瞬間から2歳くらいまでの期間のこと。
言語で外界を認知できないその期間の経験は、
三つ子の魂として、人生の初期値となり人生を規定する。

人生の初期値は、還暦である60歳でリセットされ、
自然の流れに任せておけば、10年の年月を経て影響力を失う。
そして、70歳から本当の自分の人生が始まる。

 

 

潜在意識と三つ子の魂と還暦が、
このようにつながるとは、
目からウロコだったのではないでしょうか。

日本に古くから伝わる叡智を念頭に、
潜在意識を見つめ直すと、たくさんの気づきが産まれます。

気づきの呼吸は、
三つ子の魂を前倒しで変え、
本当の自分の人生を取り戻すスキルです。

この記事がきっかけとなり、
あなたも、還暦を待たず、70歳になる前に、
三つ子の魂を変え、本当の自分の人生を手にして頂けたら、幸いです。

 

 

呼吸が深くなると、三つ子の魂と「今」がつながります

その瞬間の喜びと驚きの声をお聴きください!

〜気づきの呼吸のレッスン生さんの生の声〜

まずは、気づきの呼吸体験セミナーに、どうぞ!

あなた様の参加、お待ちしております。

 

 

 

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 気づきの呼吸 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.