=上記、動画に掲載されている文章の翻訳文=

カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)の研究チームは、肺に造血機能があることを発見した。血液の病気の扱い方が変わるかもしれない。新しい技術で、研究者は、生きているマウスの肺の中を観察する。驚いたことに、肺の巨核球が血小板を作っていることを見つけた。科学者は、血小板は、主に骨髄で作られていると考えていた。今や、血小板の半分以上は肺で作られていると思われる。さらに、肺は大量の血液と免疫幹細胞で満ちていることがわかった。UCSFの研究チームは、今、肺と骨髄が、どう連携して血液を作っているかを解明したいと思っている。(訳責:池田博美)

 

やはり呼吸はすごいですね!
まだ、発見されていない機能もあるでしょう。
呼吸を変えることで、心身の状態が整います。
心身の状態がよいと、持てる力を充分に発揮することができます。

赤ちゃんの時の骨盤呼吸で問題解決が進むことは、
やはり、理にかなっているのかもしれませんね。

 

関連記事

ネット上で記事が削除される場合があるので、リンク先とテキストを以下に掲載しています。

肺にまさかの「造血」機能、米研究者が発見

気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する

気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する

Surprising New Role for Lungs: Making Blood

 

なぜ、呼吸で潜在意識が変わるのかを知りたい方は、
気づきの呼吸体験セミナーに、どうぞご参加ください。

 

メルマガ登録