潜在意識を呼吸で変える!日本でココだけ・呼吸内省スキルを3ヶ月で学ぼう

潜在意識とは、身体に刻まれた非言語情報である/気づきの呼吸の定義

  • HOME »
  • 潜在意識とは、身体に刻まれた非言語情報である/気づきの呼吸の定義

気づきの呼吸

 

 

潜在意識とは何でしょう?

ネット検索をすると
説明を見つけることができます。

しかし、抽象的な説明が多くて、
わかったような、わからないような、
そんな気持ちになりませんか。

気づきの呼吸では、
潜在意識をより具体的に定義します。

この記事をお読み頂ければ、
抽象的な議論に陥りがちだった潜在意識が、
より具体的で、身近なものになるでしょう。

 

 

潜在意識とは何か?

気づきの呼吸では、
潜在意識を身体に刻まれた非言語情報と定義します。
具体的には、三つ子の魂先祖の記憶(DNA情報)です。

気づきの呼吸の定義についてお話する前に、
まずは、辞書にどう書かれているかを見ていきましょう。

 

 

辞書は、潜在意識をどう説明しているか

 

辞書によると、「潜在意識」は以下のように解説されています。

自覚されることなく,行動や考え方に影響を与える意識。心の奥深い層にひそんだ意識。(weblio辞書より)

 

では、「意識」とは何でしょう。

③ 〘哲心〙〔ドイツ Bewusstsein 英 consciousness 〕思考感覚感情意志などを含む広く精神的心的なものの総体。特に対象を認識する心の働き。(同上)

 

実体のない抽象的なもの。
それが、潜在意識であり、意識です。

 

 

 

実体のないものの扱い方

 

辞書の説明にある「意識」や「精神」、
「心」は、物理的な実体がなく、抽象概念です。

潜在意識の場合は、
実体がないだけでなく、気づくことすらできません。
そんな潜在意識を扱うにはどうしたらいいのでしょう。

 

 

実体のないものには、2種類ある

 

実体のないものを扱う時、
思い込みに左右され、方向を見誤りがちです。

そんな落とし穴に落ちないために、
まず、実体のないものには、
2種類あることを、知っておく必要があります。

  1. 存在するけど、気づけないもの
  2. 存在しないから、気づけないもの

この違いを認識しておかないと、
「2.存在しないから、気づけないもの」を
実体のあるものと思い込み、仮想現実の世界に迷い込んでいきます。

「2.存在しないから、気づけないもの」の
わかりやすい例は、サンタクロースです。
これは、仮想現実というより、ファンタジー。
子供時代が豊かになります。

でも、大人の場合、仮想現実は、時に、人生を狂わせます。
スピリチャルや自己啓発の怖さがここにあります。

 

 

「存在するけど、気づけないもの」の扱い方

気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する

 

では、潜在意識は、どちらに分類されるのでしょう。

気づきの呼吸では、潜在意識は、
「1.存在するけど、気づけないもの」であるとします。
存在するということは、何らかの媒体を通じて、
動きを把握することができるということです。

例えば、放射能です。
放射能には、色も臭いも熱いも冷たいもありません。
しかし、存在するものですから、
ガイガーカウンターを介して、測定できるのです。

潜在意識が、「存在するもの」なら、同じように、
何らかの媒体を介して、動きを確認することができるはずです。

では、潜在意識の「ガイガーカウンター」とは何でしょう。

 

 

潜在意識の「ガイガーカウンター」

 

 

それは、身体です。
なぜ、そう考えるかを説明していきます。

 

 

心と身体がひとつなら…

 

「心と身体はひとつ」と言われます。

気づきの呼吸では、
心には、潜在意識が含まれる仮定します。

そうだとすれば、
「潜在意識と身体はひとつ」ということになります。
つまり、物理的な実体のある身体は、
潜在意識の「ガイガーカウンター」になります。

 

潜在意識と身体もひとつのはず…

 

潜在意識が変われば、身体が変わるはずです。
この前提に基づき、気づきの呼吸のスキルは構築されています。

 

 

 

世の中にある潜在意識を変えるスキルの多くは、
身体を活用せず、意識だけで変えようとします。

しかし、私は、以下の理由から、お勧めしていません。

  1. 直感などを頼りに手探りで進めると、方向性を見誤る可能性がある
  2. 潜在意識の変化を、より正確につかむことができず、思い込みに左右される
  3. 変化を嫌がる潜在意識の創り出す「変わった」という仮想現実の世界に迷い込む

 

気づけない潜在意識は、
身体を「ガイガーカウンター」とし、
動きをしっかりと確認しながら、変えていきましょう。

身体は、物理的で実体のあるものですし、
その変化は誤摩化しがききません。

私は、潜在意識にとって、身体ほど素晴らしい
「ガイガーカウンター」は他にないと思います。

 

 

まとめ

気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する

 

潜在意識とは、身体に刻まれた非言語情報である。
具体的には、三つ子の魂と先祖の記憶(DNA情報)。

「雲(水蒸気)」をつかむようだった潜在意識。

あなたの中で、現実味を帯び、
「水」くらい実体のあるものになったでしょうか?

気づきの呼吸のスキルで
潜在意識を変えると、身体も変わります。
表情が変わったり、痩せたり、
嗜好が変わったり、体調がよくなったりします。

そんなサインを手がかりに、
確実に、潜在意識の変化を把握していく。

そのコツがつかめたら、
潜在意識は、あなたの人生にとって、
最強の現実化ツールになることでしょう。

 

 

 

 

潜在意識の「ガイガーカウンター」の扱い方を学びたい方は、

気づきの呼吸体験セミナーに、どうぞご参加ください。

 

メルマガ登録

 

 

◆ご質問・お問い合わせは、お気軽に◆

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 気づきの呼吸 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.