変われないのは、呼吸「法」のせいだった!〜呼吸「法」を知らない赤ちゃんが教えてくれること〜

気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する

 

あなたは、呼吸と呼吸「法」の違いをご存知ですか?

多くの方が、この微妙ですが、
重要な違いに気づいていません。
考えたことすらないと思います。

しかし、呼吸と呼吸「法」は、全く別物です。

呼吸と呼吸「法」の違いが明らかになれば、
呼吸「法」で変われない理由がわかります。
潜在意識を変え、自分を変え、人生を変えるために、
呼吸がいかに大切かがわかります。

 

呼吸「法」と呼吸の違いとは、何か?

  • 潜在意識を変えたい。
  • 人生を変えたい。
  • 持てる能力を発揮したい。
  • より充実した毎日を過ごしたい。
  • 本当の自分として人生を楽しみたい。

そう思い、
様々な呼吸法を試したのに、
うまくいかなかった。

もしもそうなら、
原因は、呼吸法と呼吸の違いを
知らなかっただけかもしれません。

 

呼吸「法」とは何か?

気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する

呼吸法とは、学び練習することでできるようになるものです。

  • 4秒吸って、止めて、ゆっくりと長く吐く
  • 鼻から息を吸い、口から息を吐き切る
  • 丹田に手を当て、目を閉じて呼吸する

呼吸法による呼吸は、
人間が考えた一定の手順により行われます。

丹田や胸部など、身体の一部に意識を向けます。
実践するために、時間と場所を確保する必要があります。

 

呼吸とは何か?

気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する

呼吸とは、私たちの身体に元々備わっている機能です。

赤ちゃんは、お母さんのお腹の中で、
呼吸「法」を学んで産まれてくるわけではありません。
それでも、赤ちゃんは呼吸をします。

潜在意識を変える時に大切なのは、
この身体が知っている自然な呼吸です。
お手本は、健康で機嫌のよい赤ちゃんの呼吸です。

赤ちゃんは、呼吸をするために、
丹田や胸部など身体の一部に意識を向けません。
身体全体が呼吸そのものです。

呼吸をするために、
時間と場所を確保する必要もありません。
産声を上げてから、息を引き取るまで、
呼吸は、私たちとともにあるのですから……

 

呼吸「法」の限界・呼吸の可能性

気づきの呼吸では、
赤ちゃんをお手本に呼吸の練習をします。
深くて自然な呼吸のできる身体を整えていきます。

まず、身体を呼吸法から解放してあげましょう。
自然な呼吸のできる身体こそが、
潜在意識を変える最良の土台になるからです。

では、なぜ、潜在意識を変える時、
呼吸法ではなく、呼吸が重要なのでしょう。

 

気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する

 

呼吸「法」には目的がある

呼吸法には、目的があります。

  • 自律神経を整えるため
  • ダイエットのため
  • 腰痛を解消するため
  • 不眠を解消するため
  • ストレスやパニックに対処するため
  • 怒りをコントロールするため
  • 潜在意識を変えるため

これらの目的を達成するために、
様々な工夫がされ、体系化されたのが呼吸法です。

呼吸には目的がない

一方、呼吸には目的がありません。

お手本は、赤ちゃんです。
赤ちゃんは、何かのために呼吸をしているわけではありません。
ただ、ただ、呼吸をしているだけです。

ですから、赤ちゃんのように、
何かのためではなく、呼吸を楽しんでみましょう。
深い呼吸の気持ちよさを味ってみましょう。

逆説的ですが、ある時、あなたは、
呼吸法により得られる効果をも
手にしている自分に気づくことでしょう。

 

気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する

 

潜在意識を変えるには、呼吸

呼吸法を実践することで、
潜在意識が変わることはあると思います。

しかし、呼吸法で潜在意識の奥底まで変えるには、
長年の修行や鍛錬が必要になるのではないでしょうか。

多くの時間と労力を修行や鍛錬につぎ込むことのできる人や、
超人的な強い精神力を持っている人は、一握りにすぎません。

呼吸法を実践しても、
私たちのような普通の人の場合、
潜在意識の表層しか変えることができないのです。

 

気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する

一方、呼吸は本能的な身体の反応です。

呼吸は、私たちに努力を要求しません。
呼吸法のように実践するために、
場所を時間を確保する必要もありません。
やり方を学ぶことも、目的を持つことも要求しません。
方法も理屈もありません。

呼吸は、寝ている時にもしています。
意識的にも、無意識にもできます。

どのように呼吸するかという方法論を手放し、
意識的な呼吸と無意識の呼吸の流れに乗ることで、
潜在意識への扉が開くのです。

だから、潜在意識を変えるには、
呼吸法ではなく、呼吸が大切なのです。

 

気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する

 

まとめ

呼吸と呼吸法の違い、
おわかりいただけましたか?

潜在意識を変え、
人生を根底から変えるには、
まずは、赤ちゃんをお手本にして、
深い呼吸のできる身体を整えることが
最優先なのです。

ところが、悲しいことに、
私たちの身体は、成長の過程において、
深い呼吸のできる柔軟性を失います。

ファイトオアフライト反応という
本能的な呼吸反応のせいです。

そして、多くの人が、思春期を迎える頃、
赤ちゃんのような深くて気持ちのよい呼吸が
できなくなってしまうのです。

まず、この状態を変え、
深くて気持ちよい呼吸のできる身体を取り戻しましょう。

大切なことは、呼吸法を習得することではなく、
今、あなたがしているその呼吸の質を変えることです。

 

気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する

 

人は、1日に2万回、呼吸をします。
ひと呼吸、ひと呼吸を大切にしましょう。
仕事中も、移動中も、お皿を洗っている時も……

「チリも積もれば山となる」です。

呼吸の質を改善することで、心身が安定します。
健全な心と身体は、幸せな人生の土台です。

さあ、あなたの身体を呼吸法から解放してあげましょう。
あなたの呼吸習慣、呼吸の癖を変えましょう。
深くて気持ちのよい呼吸を取り戻しましょう。

そのために、赤ちゃんの時の骨盤呼吸を練習しましょう。
1日2分から、毎日コツコツと続けましょう。

呼吸は、人生の「素振り」です。
一流の野球選手は、素振りを疎かにしないはずです。

呼吸法と比べると、呼吸は
地味で面白みにかけるかもしれませんが、
「素振り」とは、そのようなものです。

あなたのその地道な努力は、必ず報われることでしょう。

 

赤ちゃんの時の骨盤呼吸を体験したい方は、
気づきの呼吸体験セミナーに、どうぞご参加ください。

 

メルマガ登録

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 気づきの呼吸 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.