今回の体験セミナーは、
やり尽くしたと言えるくらい
いろいろなことを試されてきた方、

悩みを抱えつつも、
あきらめずに前に進む方が
ご参加くださいました。

あきらめなければ、
問題は解決するか?

そう問われれば、
解決しないこともあると
答えるしかありません。

でも、100%確実に
言えることは、こうです。

あきらめてしまったら、
解決の扉は、永遠に開かない。

改めて、あきらめないことの
大切さを再認識した日となりました。

 

身体がゆるむと、心もゆるむ

心理学をかなりとことん学び、心と身体 ハート 女性
思考から現実を変化させると言う事は、
実践してきました。

しかし、思考だけでは、限界を感じ、
自分を責めたりすることになり、
今までの学びは何だったんだろうと、
頭の中はパンパンでした。

膝や腰が痛くなり、
オステオパシーの整体へ行き、
身体が緩むと、自然と心も緩んでいくという
不思議な体験を初めてして、感動しました。

主人に勧められ、
呼吸を変えることの重要性を感じ始め、
お話が聞けて本当によかったです。
ありがとうございます。

<女性・40代・東京都>

私の師匠ヘンドリックス博士は、
「心理学」という言葉をあまり使いません。

「心理学」の限界に気づいたからです。
何事も、完璧ではないのですね。

とことん突き詰めて、
そこで解決しなければ、
問題を解決するヒントは、
他にあると考えるのも、
ありでしょう。

ですので、全く違う
アプローチを試すのも
悪くないと思います。

「この橋渡るべからず」と言われ、
橋の真ん中を歩いた一休さんのように、
ちょっとトンチを働かせると、
意外なところに答えが見つかるかもしれません。

 

頭からのアプローチだけでは、変われない

心と体と感情がひとつである頭脳 頭 限界
ということが本当に腑に落ちました。

今まで身体のアプローチがなかったので、
いろいろな手法を使って、
なかなか変わらなかったと思います。
頭からのアプローチが多かったです。

<男性・50代・東京都>

問題を解決しようとする時、
人は、頭で分析し、原因を見つけようとします。

原因が、顕在意識にあれば、
このアプローチの仕方で、
解決する場合が多いでしょう。

でも、解決しなければ、
潜在意識に原因があると、
気づきの呼吸では考えます。

潜在意識を変えるには、
頭からのアプローチ(why)では
限界があります。

子供のような好奇心いっぱいの
wonderのアプローチが
必要なんですね。

 

よくなったり、悪くなったりの繰り返しだった私

3年前に人生最大の大変なことが、女の子 ガッツポーズ
3つぐらいいっぺんに来ました。

そこからセミナーや心理学、
いろいろな本やセッションを学んでも良くなったり、
逆に凄く悪くなったりの繰り返しでした。

まさに今、心と体は別々ですが、
とても腑に落ちました。

<女性・30代・東京都>

大変な状況の中、
ご自身を変えようとする姿勢に、
感動しました。

私も、あきらめない人だったんですよ。

あきらめなければ、
人生が変わるのか?

そんな確信なんて
なかったけれど、

でも、あきらめてしまったら、
あまりにも自分が可哀想だった。

「あきらめなければ、
問題は解決しますよ」

そんな安易な言葉を、
差し上げることはできないけれど、
それでもなお、こうお伝えしたく思います。

「あきらめずに、前に進んでください」と。

まだ、30代。
気力も体力もありますね。
前に進んでいきましょう。

 

呼吸が止まっていたなんて、驚きました!

呼吸が浅いと言われていましたが、気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する
止まっていたのに驚きました。
呼吸を意識してみたいと思います。

<女性・40代・東京都>

はい、ぜひ、ぜひ、ご自身の呼吸に
意識を向けてみてくださいね。

どんな時に、止まっているか?
どんな時に、浅くなっているか?

これだけでも、
たくさんの気づくが産まれるはずです。

 

 

メルマガ登録


『気づきの呼吸体験セミナー』に
ぜひ、ご参加ください!

↓↓↓

【限定6名様・日本でココだけ!】

満足度96% 全国に広がる気づきの呼吸

骨盤呼吸 気づきの呼吸 人間関係の悩み