意識的な呼吸 本当の私

形のない意識の世界。

遺伝学の進歩で、もしかしたら、
潜在意識への理解が
大きく変わるかもしれません。

気づけない意識の世界が
物理的な実体のあるものに
なるかもしれません。

今回の体験セミナーでは、
最新の遺伝学の情報を交え
心と身体のつながりについて
お話をさせていただきました。

私が言うのもちょっと変ですけど、
面白かったです!

こういう考え方ははじめてでした

呼吸について、身体全体で身体 遺伝子 DNA エピジェネティクス
考えるということを学びました。

また、感情、身体、思考が連動しており、
全体として整えていくために、
呼吸を使うという考えにはおどろきました。

呼吸を「赤ちゃんがお手本」ということで、
身体を意識的に使うことで、感情も整う。

先祖から受け継いだことを
意識的に呼吸することで、
自分の人生を生きる。
こういう考え方ははじめてでした。

<中田潤子様・50代・東京都>

感情や思考、身体の状態をよくするための
素晴らしいスキルが、たくさんあります。

感情や思考、身体の状態が
整っている方が多いのです。

感情、思考、身体。
個々のパーツの状態はいい。
でも、パーツはパーツ。

組み合わせて
全体を動かさなければ、
パーツの性能が向上しても
意味はないですよね。

感情と思考と身体というパーツを
有機的に連動させて動かす時に
必要なことが呼吸なんですね。

私は、自分の経験と
10年間、気づきの呼吸を
実践してくださった皆さんの
変化をみて、そう確信してます。

深い自然な呼吸を身体全体で
できるようになると、
人生が大きく変わります。

これは心踊る他では味わえない
楽しい体験になりますよ。

 

潜在意識と呼吸がつながっている

潜在意識と呼吸が分岐点 別れ道
つながっていることが、
感覚的に理解できました。

体験セミナーの後、
読書しながらカフェで実践してみました。
息が少し苦しくなることがありました。

今まで自分自身を理解するために
コーチング、交流分析を勉強しました。

自分にもコーチをつけて
自己理解を進めましたが、
自分の本音が分からず
効果がでているか
実感が持てない状況でした。

また先祖供養など
スピリチュアル面もしておりますが、
こちらもいまいち実感がわきません。

自分では全く意識しておりませんが、
いい人になろうとしているのか、
本当に怒りを表したことがありません。

いつもニコニコしており
(上司に呼ばれた時も、
ニコニコしているようです)

子供の頃に両親に構って
貰えなかったことが原因でしょうか
(共働きで両親ともに夜勤があり、
祖父と寝ていた記憶があります)。

いろいろ思い出したのかもしれません。
本当に小さい頃(小学生4年生まで)の
記憶がほとんどありません。
少しは呼吸で変わりたいと思いました。

<匿名希望様・男性>

呼吸だけでは、潜在意識を
根っこから変えることは
正直、難しいですよ。

潜在意識のメカニズムを理解して、
変わるのを嫌がる潜在意識を
上手に「手なずけて」
「しつけ直し」する必要があるからです。

私の本『日常の怒りをいつまでも
引きずってしまう人のための本』
お買い求めいただいたのですよね。

お読みいただければ、
体験セミナーでお話させて
いただいたことの理解も深まると思います。

ご先祖様の供養については、
個人的には、潜在意識に刷り込まれている
ご先祖様の人生の負のパターンを変え
より良い人生の糧にすることこそが
本当のご供養になるように感じています。

試し読み『日常の怒りをいつまでも引きずってしまう人のための本』〜怒りを味方にする呼吸法〜

 

実践して効果を体感してみたい

短時間で、いろいろな内容が
つながったように思います。
実践して効果を体感してみたいです。

<女性・40代・神奈川県>

「〜してみたい」ではなく、
「〜します」と断言されることを
オススメします。

「〜してみたい」という言葉を使うと
潜在意識は、「〜できない」現実を
作り出すからです。

なぜなら、「〜したい」というためには、
「〜できない」現実が必要だからです。

多くの方がそんな潜在意識の
落とし穴にドボン!してます。

潜在意識はツールです。
使いこなしましょう。

大切なあなた自身のために…

 


▼潜在意識の書き換えに興味のある方は、コチラ!

LP_top2