「母のひと言、ひと言が、心に刺さる。
そんな母と、穏やかに食事ができた」

先日、2回目のレッスンで、
Aさんから、こんな
ご報告がありました。

嬉しいご報告なのですが、
「よかった」と喜ぶのは、
少し、早いのです。

なぜでしょう。

その理由について、
潜在意識の視点から
お話していきましょう。

よいことが起きても、喜んではいけない理由

言葉の暴力 ぐさ 心の傷

Aさんの母親は、
言葉がきつい人です。

心にぐさっと刺さる言葉を
容赦なく、投げつけてきます。食事 家族 団欒 和食

そんな母親との毎日の食事は、苦痛。

でも、気づきの呼吸を始めたら、
母親と穏やかに食事ができたんです。

気づきの呼吸では、
悩みの原因をこう考えています。

潜在意識にある思考が、
気づかないところで、
勝手に、現実化している

そうであるなら、
悩みを解消するには、
潜在意識を変える必要があります。

▶︎潜在意識については、こちら

Aさんには、呼吸を活用して、
潜在意識を変えるスキルを
実践していただきました。

すると、たった2週間で、
母との関係がよくなったのです。

しかし、 ここで、
気を許してはいけません。

なぜなら…

変化に抵抗する潜在意識の目的とは?

罠

潜在意識の目的は、
現状維持だからです。

あなたの幸不幸には
関係なく、変化を嫌い、
今の状態を続けようとします。

そのためであれば、
あなたをワナにはめ、
だますことだってあるのです。

潜在意識が仕掛ける甘いワナとは?

気づきの呼吸・深い呼吸・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する

潜在意識には、
気づくことができません。
でも、影響力を持っています。

そんな潜在意識に、
人は、恐怖心を抱きます。

とは言え、潜在意識の目的は、
「悪いこと」を起こすことではありません。
あなたを困らせることでもないのです。

目的は、現状維持

ただ、それだけです。

そのためなら、
潜在意識は、「よいこと」
だって、創り出すのです。

アメだって、
ムチだって使うのです。

ここを理解しないと、
潜在意識の扱い方を
間違えてしまいます。

潜在意識の変化か?ワナか?

気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する

「よいこと」が起きれば、
誰だって、嬉しいです。

それまでの悩みが深ければ、
深いほど、喜びは大きいでしょう。

しかし、ここで、
潜在意識がしかけてくる
ワナに落ちては、元も子もない。
その後の展開が、大きく異なるからです。

では、潜在意識のワナに落ちるのと
落ちないのでは、その後に、
どんな違いがあるのでしょう。


潜在意識のワナに落ちなければ…

気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する

「母との穏やかな食事」が、
ワナではなく、潜在意識に起きた
本当の変化であれば、

Aさんの人生は、母親以外の人間関係、
体調、感情、メンタル、仕事など、
あらゆる面で、よりよくなっていくことでしょう。

潜在意識のワナに落ちれば…

落ちる 雲

一方、「母との穏やかな食事」が
変化に抵抗する潜在意識のワナであれば、
遅かれ早かれ、こうなっていくでしょう。

・再び、母親の言葉に傷つき、言葉の暴力 嫌味 
食事のたびに、胃が痛くなる思いをする。

・「母との穏やかな食事」は続くが、
母親の代わりに、会社の上司や夫などに
言葉で傷つけられる。

・Aさん自身が、
言葉で人を傷つけ嫌われる。

目の前に起きた「いいこと」に
一喜一憂するのではなく、

「いいこと」をきっかけにし、
その後の人生の展開までをも変えていく。

そのために、
潜在意識の変化なのか、
ワナなのかの見極めが
大切なのです。

潜在意識の変化であることを確認する方法

気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する

では、起きた「いいこと」が、

・潜在意識の変化なのか?
・ワナなのか?

を、見分けるには、どうしたらいいのでしょう。

呼吸で見分ける

呼吸 浅い 止まる 窒息 女性

私は、Aさんに起きた「いいこと」は、
潜在意識のワナだと判断しました。

そう判断したのは、
Aさんの呼吸が深くなって
いなかったからです。

気づきの呼吸では、
潜在意識を身体と連動させて、
変えていきます。

まずは、
赤ちゃんがお手本の
骨盤呼吸の練習をして、
深い呼吸のできる身体を整えます。

骨盤呼吸とは、
潜在意識の表層ではなく、
深層に変化を起こすための下準備です。

▶︎骨盤呼吸についてはこちら

経験上、呼吸の深さと
潜在意識の変化の深さには
関連性があると言えます。

深い呼吸のできる身体が整えば、
潜在意識に深い変化が起きます。

ですから、
気づきの呼吸では、
潜在意識を変えるため、
まず深い呼吸のできる
身体を整えるのです。

言うまでもありませんが、
物理的な実態のある
身体を変えるには、
絶対的に必要な時間があります。

ここは、
どうしても、
はしょれません。

Aさんに「いいこと」が起きたのは、
骨盤呼吸を始めてから、2週間ほど。

この短期間で、
身体を変え、
潜在意識を変えるのは、
正直、むずかしい。

だから、Aさんに起きた「いいこと」は、
潜在意識のワナであると考えたのです。

まとめ

気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する

いかがでしたか?

潜在意識は、
いろいろな手を使って、
変化に抵抗します。

「変わった!」

そうあなたを思い込ませ、
これ以上、介入させないように
あらゆる手段を使います。

潜在意識は、
とても賢く、忠実で、
目的を果たすためなら、
何でもします。

逆にいうと、
そんな潜在意識を
使いこなせたとしたら…

多くの場面で、
人生が思うように
動き出すのではないでしょうか?

そのためのスキルが、
気づきの呼吸です。

あなたも、まずは、呼吸を変え、
ワナを見抜く力をつけてみませんか?

 

 

呼吸で潜在意識を変えたい方は
ぜひ『気づきの呼吸体験セミナー』に
ご参加ください!

 

【限定6名様・日本でココだけ!】

満足度96% 全国に広がる気づきの呼吸

気づきの呼吸 骨盤 潜在意識