女 許せん 怒り 憎しみ 母 娘

実の娘なのに好きになれない
許せない、嫌い…

自分は母親として
失格なのかもしれない。

そんな罪悪感に
悩んでいませんか?

娘のためではなく、
貴女自身のために
何ができるか考えて
いきましょう。

今日は、そんなお話です。

絶対に許さない

女性 怒り にらむ

家を出て、恋人と暮らしている
娘を許せずにいるA子さん。

親の反対を押し切って!
親の顔に泥を塗って!

娘さんの話になると、
何を言っても、ダメ。
取り付く島もありません。

土下座して、怒り
自分が悪かったと
謝るまでは、
絶対に許さない

普段は温和なA子さん。

娘の話になると、
人が変わります。
怒りの形相になります。

そして、
娘を許してはいけない
理由をとうとうと述べ始めます。

100も、200も、
娘が自分にした仕打ちを語ります。

娘のために、どれほど、
自分の人生を犠牲にしたか。

娘に、どれだけ
愛情を注いで育てたか。

語り始めます。

今、自分は決して、般若 怒り 女
娘に怒っているのではない。
今、許しては娘のためにならない。

だから、自分は娘のために、
心を鬼にしているのだ。

A子さんのお話を聞いていると、
娘さんが家を出たのは、
つい最近のことのように思えます。

それくらいの臨場感、
迫力のある口調なんです。

でも、娘さんが家を出たのは、
5年も前のこと。

その間、A子さんは、
娘を許すことなく
「娘のために」
怒り続けているのです。

実の娘を嫌うって、疲れる

女 疲れた 倒れこむ

人を嫌うって、疲れます。
誰かを許せずに、憎み続けるって、
本当にしんどいです。

でも、A子さん、
そのしんどさに、あまり
気づいていないようです。

A子さんは、子供の頃、
神経がピリピリする状況で
育ったのかもしれません。

ですから、

誰かに怒り、
誰かを憎み、
誰かを許せない

という状態が、
A子さんにとっては、
あまりにも、ふつうで、

苦しいことにすら
気づいていないようなのです。

人を嫌うことのない状態を
経験したことがないから、

娘を許せない状態が
どれだけ自分の人生を
狂わせているかが
見えていないのです。

そんな時は、どうするか?

そう、呼吸をしましょう。

仙骨を起点に、上半身全体を
ゆったりと動かして行う呼吸をしましょう。

実の娘であっても、憎んでいい

気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する

カウンセリングなどでは、
傾聴が大切にされますが、

気づきの呼吸では、
傾聴は、二の次です。

なぜなら、
傾聴するためには、
お話しして頂く必要があります。

人は、本能的に、
辛くて苦しいことは、
心の奥底に押し込めてしまいます。

心の奥底に
押し込めてしまったものは、
言葉で語ることはできません。

本人も気づくことの
できない深いところにある
悩みを解決するには、
傾聴では、限界があるのです。

ですから、
気づきの呼吸では、
傾聴ではなく、
呼吸を重視します。

意識的にも、無意識にも
できる呼吸で、心の奥底に
息吹を吹き込むのです。

呼吸をすると、
心と身体がゆるみます。

その状態で、
潜在意識を変える
スキルを実践します。

すると、
原因ががわからなくても、
問題が解決していくのです。

私は、A子さんにこうお伝えしました。

娘さんに対する気持ちは、変えなくてもいい。女性 そよ風 深呼吸
実の娘であっても、許せないのなら、許さなくていい。
絶縁状態が続いていて、苦しくても、
それが娘のためになるのであれば、そうしよう。

でも、娘への怒りを抱えているのは、
自分が苦しいでしょう。

その状態は変えましょう。
とにかく呼吸をしてください。

A子さんは、呼吸をしました。

赤ちゃんがお手本の
骨盤を動かしながら行う
気持ちのよい呼吸です。

潜在意識を変える
スキルも実践しました。

娘のためではなく、
そして、誰のためでもなく
ただただ、自分のために……

娘への憎しみが消えた!

落ちる りんご

呼吸を続けたA子さん。

なんと娘に対する
怒りが消えたそうです。

あまりにも、
あっけなく、あっさりと、

まるで、憑き物が
落ちたみたいに……

娘に怒り、
娘を憎み、
娘を許せなかった

呼吸をしたら、
かさぶたがポロリと
はがれるように、
娘のことなんて
ど〜〜でもよくなってしまった。

あ〜、気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する
なんて楽なんだろう。

誰かに怒り、
誰かを憎み、
誰かを許せない

この状態で生きてきた人は、
辛さに気づいていないのです。

怒りや憎しみのないない
楽チンさを知らないのです。

経験したことがなければ、
どれだけ説明しても、
わかってもらえません。

「百聞は一見にしかず」と言いますが、
もう、本当に経験してもらうしかない
こともあるのです。

一度、

誰かに怒り、
誰かを憎み、
誰かを許せない

という状態から
抜け出したら、

今まで、いかに
自分が苦しかったのかに
気づきます。

怒りや憎しみのない
状態の心地よさを
一度、味わってしまえば、

もうアホな娘(?)に
怒ったりするために、
時間を費やすことの
バカらしさに気づきます。

ですから、貴方も、
実の娘が嫌いなら、
娘を許せないなら、
とにかく呼吸をしてください。

アホな娘(?)から自由になって、
自分の人生を取り戻してください。

まとめ

手紙 ハガキ ありがとう

いかがでしたか?

少しでも、気持ちが楽に
なっていただけたのなら、
うれしいです。

娘への憎しみや怒りが
溶けちゃったA子さん。

ふと気づいたら、
娘にハガキを書いてたそうです。

「ふと気づいたら」、
というところがいいですね。

な〜〜〜んにも、
考えてませんから。

自分を正当化するために、
頭の中で、ごちゃごちゃ考えた
末の行動ではないですから。

がんばるのではなくて、
こんな行動を自然に取れる
ようになることが大切なんですね。

娘さんとの関係で、
A子さんは傷ついた。

A子さんとの関係で、
娘さんも傷ついた。

娘さんも、心の傷を癒し、
心の整理をする時間が必要でしょう。

だから、A子さん、焦らないで。
とにかく、呼吸を続けてくださいね。

怒りや憎しみに
がんじがらめだった
状態から抜け出した
今の楽チンさを思う存分、
味わってくださいね。

呼吸が道しるべとなり、
ふと気づいたら、
居心地のよい人生の流れに
乗っていることでしょう。

PS:後日、A子さんから、
娘さんと会うことになったとの
連絡を頂戴しました。
次回のご報告が楽しみです。

 

 

▼潜在意識の書き換えに興味のある方へ▼
\シンプルで変化が根付く方法/

LP_top2