気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する

産まれる前に亡くなった顔も知らない
父親の人生を生きていた女性のお話です。

 

人間関係が辛い

Aさんは、悩んでいました。

それは、言葉で人を傷つけ、「人間関係を壊す」から。
「やめよう」と思っても、はっと気づくと、嫌みを言ってしまう。

  • 友達が去っていく
  • 職場の人間関係がこじれる
  • 夫婦げんかになる

そんな自分が、いやで、いやで、仕方がないのです。

 

私のどこが、いけないの?

同じ失敗を、何度も繰り返す。
あなたにも、同じ経験があるでしょう。
でも、なぜ、私たちは失敗を繰り返すのでしょう?

同じ失敗を3回繰り返したら、
気づきの呼吸では、先祖から引き継いだ
潜在意識の思考に問題があると考えます。

【関連記事】恐怖の記憶、精子で子孫に「継承」米研究チーム発表

 

気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する

 

父親の思考が、現実化していた!

Aさんは、呼吸の練習をしました。
赤ちゃんの時の骨盤呼吸です。

すると、いつもと違う体感が浮上します。

呼吸で潜在意識を探ると、
なんと父親の思考が出てきました。

それは、「言葉で人間関係を壊す」という思考でした。

 

身体で引き継いだ記憶にない記憶

 

 

Aさんが産まれる前に、父親は他界しました。
ですから、父親の記憶はありません。

でも、身体(潜在意識)には、
父親の思考が刻み込まれていたのです。

潜在意識にある「言葉で人間関係を壊す」という
父親の行動パターンを無意識に現実化し、
Aさんは苦しんでいたのです。

気づきの呼吸で、
潜在意識で引き継いだ
父親の思考を身体で変えると、
嫌みをいう自分が消えていきました。

 

疲れました。まだ、全部気がついていないのかもしれないけど、
これも、あれも、私じゃなかったって思うと、
それに振り回されてれていた自分がばかばかしくなる。

あ〜、なんだったんだ。ずっと、私、それに
引っ掻き回されて、生きてきたんですよ。ずっと、ずっと。

<女性・40代・東京都>

 

まとめ

どんなに努力をしても、
何を試しても問題が解決しないのなら、
原因は、先祖から引き継いだ潜在意識の思考にあるかもしれません。

あなたも、一度、深い呼吸で、
潜在意識を見つめてみませんか?

(本人が特定できないように事実関係を一部変えてあります。)

 

 

なぜ、呼吸で潜在意識が変わるのかを知りたい方は、
気づきの呼吸体験セミナーに、どうぞご参加ください。

メルマガ登録