(気づきの呼吸で教えてもらってる
骨盤呼吸が)全然できない。

うまく呼吸もできなかったんですが、
それが、潜在意識の抵抗。

自分の身に起きて、そういうことか。気づきの呼吸・呼吸が浅い・潜在意識・変わりたい・心と身体・思考は現実化する
そして、対処の仕方を習って、
基本に戻れる気がしました。

<女性・40代・東京都>

 

潜在意識は、
現状維持をしたがります。
変化に抵抗します。

潜在意識の抵抗は、
無意識に起きます。

自分でも気づかないまま、
変化に抵抗して、
変化を止めようとします。

そんな潜在意識の抵抗は、
呼吸で消えていきます

ということは、
変化をさせないために
潜在意識は、あなたに呼吸を
させないようにします。
呼吸を浅くします。

今日のレッスンでは、
そんな潜在意識と呼吸の
関係についてお話しました。

なぜ、うまく呼吸ができないのか
おわかりいただけましたよね。

そう、呼吸が深くなると、
潜在意識に揺さぶりがかかり
変化が起きるのです。

ということは、
潜在意識はあなたに
深い呼吸をしてもらっては
困るわけで、呼吸の練習を
サボらせようとするのですね。

変化を嫌がる潜在意識を
上手になだめながら、

駄々をこねる子供を
あやすように、
上手に潜在意識を
変える必要があるのです。

潜在意識を変えるって、
自分の心の子育てみたいな
ものなんですね。

個人レッスンでは、
「自分の心の子育て」のコツを
お伝えしています。

潜在意識の抵抗に対する
いろいろな対処法を
実践していきます。

対処法のひとつが
骨盤呼吸です。

息が詰まって、
上手に呼吸ができない時は、
ゆっくりと骨盤を動かしながら
呼吸をしてみましょう。

潜在意識の抵抗が
少しづつ消えていきますよ。

そしてふと気づいたら、
新しい自分がそこにいることでしょう。

 

 

▼潜在意識の書き換えに興味のある方へ▼
\シンプルで変化が根付く方法/

LP_top2